個人再生って何?

個人再生とは、債務整理手続きの一つで、裁判所を通じて債務を減額してもらうことを指します。どんな人でも合法的に借金の負担を減らすことができるので、返済が困難になったら個人再生を検討しましょう。

個人再生をする上で気をつけること

女性

ミスなく書類を準備する

個人再生には、20種類以上もの書類が必要となります。当然、書類にミスが見つかれば受け付けてもらえないので、一枚一枚丁寧に確認してミスがないように提出しましょう。自身で書類を用意することが難しければ、税理士や弁護士といった専門家に依頼してください。

現実的な返済計画を立てる

自身で個人再生手続きを行うと、借金を少しでも早く返済したいからと、月々の返済額を高く設定してしまう人がいます。せっかく個人再生手続を行っても、返済に無理が生じれば再び個人再生手続きを行わなければなりません。月々の返済計画を立てる際には、専門家に相談して現実的な金額設定を行いましょう。

前もって保証人に連絡する

保証人がついている債務を整理すると、借金の返済は保証人が行うことになります。無断で個人再生を行うとトラブルに発展する可能性があるので、必ず保証人の許可を得てから手続きを行いましょう。保証人が了承してくれなくとも任意整理という方法で借金の負担を減らせるので、保証人には正直に話してください。

再生計画は必ず守ること

計画に従って返済を行わないと、個人再生計画が取り消されてしまいます。個人再生計画が取り消されれば、元の借金額を全額返済しなければならないので、毎月期日を守って返済を行いましょう。万が一返済が困難になった場合には、早急に税理士や弁護士に相談してください。

個人再生にかかる費用と相場

個人再生に必要な費用は、40万円から60万円程度だといわれています。弁護士や税理士に依頼する際に必要な着手金が30万円程度、成功報酬が10万円程度必要となります。他にも諸経費がかかりますので、支払いが困難であれば事前に弁護士や税理士に相談してください。

初めて税理士に相談する人の疑問や質問を解決!

計算

一部の借金だけ減額できますか?

個人再生を行う場合は、自身が負っている借金全てが対象となります。一部の借金だけ整理したいのであれば、任意整理や特定調停を選択するといいでしょう。

家族に内緒で個人再生できますか?

別居していれば可能ですが、同居している場合には隠すことは難しいでしょう。裁判所から自宅に通知が届くので、ご家族には隠すよりも正直に打ち明けて協力してもらう方が得策だといえます。

ギャンブルや浪費が原因でも個人再生できますか?

ギャンブルや浪費など、どのような理由で負った借金であれ、個人再生の手続に違いはありません。借金を負った理由や原因に言及されることはないので、安心してください。

優良な税理士の探し方【実績や相性をチェックしよう】

相談

優良な税理士の探し方

税理士によって、個人再生の対応方法は異なります。依頼者との相性も重要となるので、どんなに評判の良い税理士でも、まずは相談してみましょう。税理士事務所の中には初回のみ無料で相談に乗ってくれるところもあるので、実際に顔を合わせてみて、相談しやすい人であるか確認してください。気に入った税理士に出会うことができたら、依頼する前に費用や個人再生の手続方法を尋ねてみます。経験豊富で良心的な税理士であれば、どのような質問にも明確な答えを返してくれるので、税理士の反応をみて実力を確認しましょう。